読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone6契約者が5を持ち込みでUSIM再発行を頼んだらスマート値引きやミュージックキャンペーンが消滅するという話。

iPhone ガジェット

iPhone6を紛失したからiPhone5を持ち込んだ

ソフトバンクにiPhone5を持ち込んでSIMの再発行をお願いしようとした時に気付いた事件。中古のiPhone5を買ったからnanoSIMさえ発行して貰えばすぐに利用を再開できると思っていた。5を選んだのも6と同じnanoSIMが使えてかつ安い型落ち機種であるという理由からだ。自分みたいに6を紛失しない限り、今時6→5に変更する人なんてほぼいないだろうが自分の脳内整理のためにここに記録しておく。ソフトバンクのSIMカードは「USIM」と呼ばれるので以下SIMカードをUSIMと呼ぶ。

f:id:SIBU:20150616171842j:plain

 

 

 

USIMの再発行は機種変更扱い

これを知らなかったのが今回の事件が起きるきっかけとなった痛恨のミス。使う機種はともあれ、「microSIM」「nanoSIM」から選んで自分の電話番号のUSIMを発行してもらうだけだと思っていた。だから「自分の番号が登録されたnanoSIM」さえ発行してもらえば今までの料金体系で利用継続できるものだとすっかり勘違いしていた。

端末紛失時であってもUSIMを再発行する場合、持ち込みする機種への機種変更登録が必要となる

 

スマート値引きとミュージックキャンペーンが消滅する?!

もちろん、機種変更すると契約するスマートフォンはiPhone5ということになる。そうなると「iPhone6対象のキャンペーン」が解約扱いになってしまう。"iPhone withミュージックキャンペーン"が良い例だ。6を対象に月々1080円の値引きを行うキャンペーンであるがこれが消滅してしまう。解約扱いだ。毎月1080円アップってふざっけんなよ!!

スマート値引きに関しては「消滅」というより「契約し直し」という扱いになる。

一時的にスマート値引きが解約という扱いになるが、申請し直すと再び契約することができる。それでもスマート値引きって固定回線を利用した値引きだから契約そのものが超面倒くさいんですよね。契約し直しとか勘弁。

 

持ち込み契約するなら同じ機種を持ち込もう

いや、機種登録とかしないでいいからUSIMだけ発行してくれよ!同じnanoSIMなんだから!と頼んだがそうもいかなかった。機種ごとに固有番号が存在するので、同じnanoSIMでも「iPhone6用nanoSIM」「iPhone5S&5C用nanoSIM」「iPhone5用nanoSIM」と3種類存在するらしい。再発行時には各種iPhoneに対応したnanoSIMで再発行しなければならないので機種変更登録が必要となるらしい。面倒くせええええ!

契約後は各種iPhone同士でnanoSIMを差し替えても使えるらしいが、結局発行時には自分が持ち込むiPhoneに合わせたUSIMから発行するので、過去に利用していた料金体系を維持したままSIMの再発行するには「紛失した機種と同じ機種」を持ち込む必要がある。

うまく考えてるわ。。。

 

しばらくiP電話を使いつつ、USIMなしのWiFi運用で頑張ろうと思います。。。

> >