読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現金を使わない生活。ミニマリスト視点で見る”ノー現金ライフ”のメリット。

ミニマリスト お金

実際に現金を使わないで生活する事はできるのか、現金を使わない生活のメリットを書いていきます。

f:id:SIBU:20150227154632j:plain 

現金を使わない生活、快適です。まず僕自身はミニマリストの生活を始めてからノー現金ライフを半年以上続けているし現金を使っていた頃よりもずっと快適に生活できています。

支払いをカードや電子マネーに移行するメリットをミニマリスト視点で挙げていきます。

 

持ち物を減らせる

ミニマリストとしては一番有難いメリットです。当然札束も小銭も持たない分荷物は減ります。支払いをカードに変え、スマホを財布代わりにすることで別途に財布を買う必要も無くなるし持ち物も減らせて一石二鳥です。僕は特にブランドやファッションへのこだわりが薄いのでお洒落な財布は必要ないです。むしろ「財布を持たずに支払い済ませる俺かっけええええ」と自惚れています。

マネークリップや薄型カードケースを使う位ならスマホサイフに移行した方が全然スマートです。

 

多額の現金を持ち歩く事が無いので紛失するリスクが少ない。

現金を入れた財布を使っていると紛失した際のリスクが大きい。カードだけを持ち歩いていれば紛失した際もカード会社に利用停止手続きをすれば良いので現金を失う事はありません。無くしたカードは新たに再発行すれば済みますが現金を無くすともちろん再発行できません。現金を持ち歩くと常に紛失のリスクが付きまといます。

 

小銭やお札を手で触る機会が無いので清潔。

汚いお札や小銭を触らないので手を汚さずに済みます。お金を触らないで済む上細かい計算の必要が無くなるのでレジを扱う店員さんにも優しいです。紳士です。ちなみに僕は潔癖性では無いです。

 

現金支払いでは付かない特典を入手できる。

大抵のカードには支払額に応じた特典が付いています。ショッピングサイトのポイントや飛行機で使えるマイル等様々ですがこれらは本来現金支払いでは得られない特典です。僕は楽天カードを利用していますが支払い額の1%を楽天ポイントとして獲得できます。携帯料金や光熱費をカード払いに充てるだけでもかなりのポイントが貰えます。

例えば毎月10万円の支払いをカードに変えるだけで毎月1000円得することになります。年間にすると12000円。

 

 

不便なシーンも  

日本に住んでいれば、日々の買い物や公共料金の支払いもほとんどカードか電子マネーで済みます。しかしどうしても現金が必要になってくるシーンが幾つかあるので挙げていきます。

 

友達とのご飯でワリカンする時

少人数で個別に支払いする時は問題ないですが、大人数になるとワリカンで一人がまとめて支払いをすることがほとんどです。自分が支払い役を引き受けてお金を預かりカードで支払うのも手ですね。大抵友達とご飯を食べる時は事前に約束している事がほとんどなので、ご飯の時だけは現金を細かく持ち歩くようにしてます。

 

券売機システムのお店を利用する時。

現金が必要になるシーンで一番多いのがこれ。飲食店や銭湯に多いです。

 

 

 

生活の全てをカード等で賄う事はできませんが、日本は現金を使わなくても生活し易い国なので現金を使わないメリットの方が遥かに多いです。

 

関連記事

 

> >